• スポンサーリンク

アリストテレスの墓、発見される

ギリシャの考古学者らは、国際会議『Aristotle 2400 Years』にて驚くべき発表を行いました。長らく失われていたアリストテレスの墓の発見に関するものです。古代マケドニアの都市スタギラでの20年間続く調査から、紀元前384年に同都市で生まれた有名なギリシャ人哲学者に関する重要な墓であると、研究者らは結論づけました。

考古学者のKostas Sismanidis氏は、建築と墓の場所や同様に支持するその他の証拠に基づき、アリストテレスの『ほぼ確かな』2400年前の墓だと言える、と話しています。文学ソースもまた、アリストテレスの遺灰は生まれ故郷スタギラに運ばれたと示唆しています。

ギリシャ、ハルキディキ県オリンピアーダ村。古代スタギラ遺跡を含んだ北西からの眺め。 ( source )

盛り上がったドーム型の墓には、ヘレニズム期のものとされる大理石の床があります』と、Greek Reporterは述べています。『これはスタギラの中心、アゴラの近くに位置しており、360°展望できる。墓の中の公人はこの場所だけで明らかだが、考古学者らは後に良質な資材が乗せられたことから急造についても指摘しています。ここには墓の外の祭壇と四角いフロアがあります。ドームの頂点は高さ10mにあり、ビザンティン塔に囲まれた四角いフロアがあります。半円形の壁は高さ2mの場所に立っています。通路は敬意を払うことを望んだ人々の墓の入口へと続きます。王室の陶器工房から見つかった陶器や、アレキサンダー大王の時代とされる50のコインなどその他の発見もありました。

Greek Reporterには墓所の写真がもっとあります。

Theガーディアンは、この古代複合体の遺跡が初めて発掘されたのは1996年、計画された新しい現代美術館の建設工事中に偶然発見され、それ以来発掘調査が続いていると伝えています。

Ancient Originsの記者Natalia Klimczakは、その有名な哲学者について次のように報告しています:

『アリストテレスは紀元前384年に、古典ギリシャの北部、ハルキディキの町スタギラで生まれました。彼の父親は医者であったニコマコスで、母親は(詳細は不明ですが)おそらく同様に薬に関係していたファエスティアです。アリストテレスの他に彼らにはArimnestusという息子とArimnesteという娘がいました。アリストテレスの両親は彼が幼い時に亡くなりましたが、彼を世話する保護者がいました。アタルネウスのプロクセノスはアテネにあるプラトンのアカデミーに送る前に、2年間アリストテレスを教育しました。

アリストテレスの頭。失われたリュシッポスによって作られた銅像の帝国時代(西暦1世紀または2世紀)の複製。 ( source )

アリストテレスが18歳の時、彼はアテネにあるプラトンのアカデミーに入り37歳まで留まりました。紀元前347年に彼が去った時、首都ペラにおいて貴族の間で彼は非常に人気になりました。
はじめに、アリストテレスはプラトン哲学の彼の見識に貢献しましたが、プラトンの死後、彼は実証研究に没頭しプラトン哲学から実証主義にシフトしました。
アリストテレスは知識が最終的に知覚に基づいているという発想を信じていました。彼の自然科学に関する見識は彼の哲学の多くの基礎となる土台を表します。アリストテレスによる著作は、生物学、動物学、形而上学、心理学、物理学、論理、倫理、美学、詩、演劇、音楽、修辞学、言語学、そして政治など多くの科目をカバーしています。彼の分析の成果は、中世の学問を大いに形作った物理科学の見識と、ルネサンスで拡張された影響を作りました。

ラファエロによるフレスコ画、アテナイの学堂から抜粋したプラトン(左)とアリストテレス(右)。アリストテレスは大地を身ぶりで示し、実証的観察と経験を通じた知識による彼の信念を表しており、手にはニコマコス倫理学の写本を持っている。一方プラトンは天を示し、彼の信念であるイデア論を表しており、ティマイオスの写本を手にしている。 ( public domain )

また、それらは啓蒙や古典工学のような理論までは体系的に置き換えられませんでした。タコの腕再生のようなアリストテレスの動物学的観察の多くは、19世紀まで正しさを確認されたり誤りを明らかにされたりさえしませんでした。彼の著作のいくつかは最初期に知られた論理の形式的研究を含んでもいて、これは19世紀に近代的な形式論理の基礎となりました。』

原文:Ancient Origins

CGによる想像図。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • スポンサーリンク