• スポンサーリンク

錬金術は古代世界各地で同時に発生した

似たような探究が古代のインド・中国・エジプトで数千年前に始まりました。これらの文化すべては鉛やその他の物質を黄金に変えたり、このような物質の操作と精製を学ぶことを通して不死を達成しようとしました。

その目的と手順は似ているにも関わらず、これらの社会における錬金術の慣習は独立して生まれたように見えます。

『西暦2世紀、アレキサンドリアのエジプト人職人は必死に金属を黄金に変えようとした最初の錬金術師でした。ほぼ同時にそして独立して、道教の僧侶(純粋な錬金術師ではないが宗教的な魔術師)は黄金が奇跡の薬になると考え、彼らも富のためではなく永遠の若さと不死のためにそれを生み出そうとしました。』と、鍼師Joseph P. Hou博士は彼の著書『Healthy Longevity Techniques』で書いています。

故Allen G. Debus氏(1926~2009年)もまた、異なる文化における錬金術のほぼ同時かつ独立した出現について書いています。Debus氏はハーバード大学で博士号を受け、科学史家として有名になりました。彼は著書『Alchemy and Early Modern Chemistry』で、錬金術はエジプトや中国のみで独立して現れたのではなくインドでも現れたと書いています。インドと中国の錬金術は後の時期にいくつかの相互影響を示しましたが、Debus氏は2つが独立して始まったと考えています。

中国の錬金術。Image source: China.org.cn

ハワイ大学における錬金術課程の概要は古代の慣習を定義しています:『錬金術は宇宙の一部(鉱物と動物)を俗な存在から解放でき、完璧な状態を達成するための宇宙の芸術である:鉱物の場合は金、人間の場合は長寿・不死・贖罪である。このような変換は「賢者の石」やエリクシルのような物質材料を使用する方法、または天啓の知識や心理学的啓蒙によってもたらされる。』

共通のまたは普遍的な理論を認識することから、錬金術は様々な文化に現れていたかもしれない、とDebus氏は著しています。これらの理論は例えば、不死の概念と完璧な状態である金の初期の繋がりと関係しています。Debus氏は文化間にあるいくつかの相違点を概説しました。

エジプト錬金術は中国やインドの錬金術のように宗教と密接に関連してはいません。エジプトにおいて、それは神秘的なものではなく実質的な性質のものでした。

中国とギリシャの錬金術はいくつかの点で同等です。ギリシャ錬金術の起源は不明ですが、ある理論はエジプトに由来するとしています。中国とギリシャの錬金術はともに物理学の兆しを含んでいます。ギリシャの錬金術師は土・水・空気・火の元素を用いました。同様に中国錬金術の法規は、火・木・水・土・金の五元素を含んでいました。

中国錬金術は陰と陽のバランスを取ろうとしました。陰と陽は女性と男性、地上と天上、その他それぞれ正反対の要素と関係しています。例えば中国の錬金術師は、陰と関係する硝石と、陽と関係する硫黄を混ぜ合わせ、結果として得られる爆薬を火薬の発見としました。

ギリシャの錬金術師もまた正反対のものを重要視しました。熱と冷、湿と乾、土と空気、火と水のような正反対のものを扱っていました。

錬金術師の作業場にある科学装置、1580年。 Image source: Wikipedia

火薬の発見(兵器として使われる前には長い間クラッカーとして使われていた)と同様に、錬金術における化学反応の観察は近代化学の基礎に多大な貢献をしました。

多くの錬金術的慣習は最終的に秘伝的で謎めいたものになりました。

ハワイ大学は錬金術師が書き始めた謎の例を挙げています:『灰色の狼は王を貪り、その後それは薪の中に埋められ、狼を消費して、王は復活する。』 これは、『合金からより劣った金属硫化物をすくい取り、金とアンチモンの合金をアンチモンが蒸発して純金が残るまで焙ることによる金の抽出』と解釈する。大学の論文は、謎めいた錬金術的メッセージは現代化学の専門用語に負けず劣らず不可解だとしています。例えば、『dehydrohalogenate vicinal dihalides with amide ion to provide alkynes』などです。
(※訳せませんでした(ノω`))

サー・アイザック・ニュートン、ロバート・ボイル、ジョン・ロックなどの近代科学者は錬金術師でした。インディアナ大学の歴史学者ビル・ニューマンは、ニュートンの秘密の暗号化レシピを研究しました。彼はNOVAでこう語っています:『もし彼が約30年保管した実験ノートを見たなら、彼が賢者の石を生み出そうとしていたという結論を避けることは本当に不可能です。』

 

この記事はEpoch Timesの記事を元にしています。

原文:Ancient Origins

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • スポンサーリンク