• スポンサーリンク

ハトシェプスト女王とトトメス3世:王家の確執

亡くなった後、ファラオであったハトシェプスト女王はエジプトの歴史から消え去りました。彼女の義理の息子、トトメス3世は非難されるでしょうか?

終わりなき死
ファラオのハトシェプスト女王は、平和と順調な統治を喜んでいました。彼女は壮大な神殿を建て、エジプトの国境を守り、神秘的なプント国との収益性の高い取引任務を計画しました。彼女は第18王朝の中で最も成功している王の一人として祝われていました。しかし、すべての人が彼女の功績に感銘を受けたわけではありませんでした。

紀元前1457年に彼女が死んだすぐ後、ハトシェプスト女王のモニュメントは攻撃され、彫像は引きずり下ろされて粉砕され、肖像や称号は摩損されました。女性の王はエジプトの歴史から消滅しました。ほぼ3000年後、現代のエジプト学者が損傷した碑文を再構成して彼女の正当な王朝の場所に復元するまで、彼女は失われたままでした。

エジプト人は、死者の体や彫像もしくは名前などの記録が生者の世界に残っている場合に限り、魂は死を超越して生きることができると信じていました。ハトシェプスト女王は事実上終わりなき死の呪いにかかりました。誰が、そして何故このような恐ろしいことを行なったのでしょうか? ハトシェプスト女王の義理の息子で後継者であるトトメス3世が明らかな犯人だと思われますが、聞く耳持たず彼を非難すべきではありません。結論を出す前に考えなければいけない2つの主要な犯罪があります。

デル・エル・バハリ (引用元)

ハトシェプストは偉大な将軍トトメス1世と妻の女王イアフメスの長女で、王女でした。イアフメスは男の後継者を産みませんでしたが、これは大きな問題ではありませんでした。ロイヤル・ハーレムは納得できる代理を供給できたからです。尊敬されていた2番目の女王の息子・王子トトメスは異母姉であるハトシェプストと結婚し、最終的にはトトメス2世として揺るぎない王位を受け継ぎました。

エジプトの女王となったハトシェプストは、夫(弟)の娘ネフェルラー王女を産みましたが、息子はできませんでした。王座についてわずか三年後にトトメス2世は突然亡くなり、王朝の危機に脅かされます。今回もロイヤル・ハーレムに王子はいましたが、この時はまだ赤ちゃんでした。通常はロイヤル・マザーが息子の摂政として活動しますが、今回の母親は不運にも許容できないほど身分の低い女性でした。そして妥協に至りました。継母で寡婦のハトシェプスト女王の一時的な指導の下、幼いトトメス3世は王になりました。

トトメス3世が唯一無二のファラオであると認められるように、ハトシェプストは数年間完全に今までの摂政として振る舞いました。その後、説明もなく、彼女は王位につきました。そうしてハトシェプストは義理の息子よりも優先され、トトメス3世は後ろに追いやられました。彼は20年間も日の目を見ることがなかったでしょう。

これ以降、ハトシェプストは慣習通りの統治を喜びました。軍事作戦は少なく、これはファラオの力に挑戦する準備をしていた敵が少なかったからだと考えられます。その代わりエジプトの膨大な資源は、カルナック神殿複合体の拡張や、その王朝時代で最も美しいモニュメントの一つであるデル・エル・バハリ葬祭殿に見られる国内の改善計画に向けられました。王位について22年後に彼女が亡くなった時、しかるべき名誉全てとともに父親と並んで王家の谷に埋葬されました。


共同摂政

カルナック神殿の隠し石像貯蔵庫から見つかった硬砂岩のトトメス3世像。 (引用元)

たった1つの明らかな脱線が、それ以外完璧な統治を台無しにしました。ハトシェプストは義理の息子の王位を奪われていました。何が彼女にそのような異例な行動をさせたのでしょうか? 法律上、女性がエジプトを支配することは禁止されていませんでした。理想的なファラオはハンサムでたくましく、勇敢で信心深く賢明な男性でしたが、時には王朝の血縁を維持する活動のために女性が必要だと認められていました。騒然とした第12王朝でソベクネフェルが王として統治していた時、彼女は国家のヒロインとして賞賛されていました。幼い息子たちの代わりを務めた母親たち、そして戦場にいる夫の代わりをする女王たちは、完全に受け入れられました。決して予想できなかったことは、摂政は彼女自身を半永久的な権力の地位に押し上げたことでした。

道徳的に、ハトシェプストはトトメス3世が正当な王であると知っていなければなりませんでした。結局、彼の統治の最初の2年間、彼女はそのように受け入れました。したがって、3年目に現状を覆して彼女を権力奪取に向かわせる何かが起こったと推測しなければなりません。不運にも、ハトシェプストは謝罪も説明も決してしません。彼女が状況を変えたことの終わりなき正当化の代わりに、彼女の神殿にある地上の父トトメスと天の父である偉大な神アメンの両者を示す壁(誤って)は、彼女がエジプトを統治するつもりだったことを伝えています。彼女は現れた大量の問題に典型的なファラオとして対応し、彼女がステレオタイプの王という男性の体だと示すため、彼女の正式なイメージではつけヒゲさえ付けています。ハトシェプストは他の人が彼女の行動に疑問を持つと気が付いていたため、石には彼女の防衛が掘られていました。

私たちは彼女の行動をどう考えれば良いでしょうか? 彼女を冷酷な権力探求者と非難するのは単純すぎます。王の代わりに効果的にエジプトを統治するエリート階級からの後援なしに受け継ぐことができていないため、彼女の場合ではエリートたちは少なくともいくつかメリットを認識していなければなりません。彼女のトトメスへの扱いは教育的でした。少年王が生きていた間、なおも彼は彼女の統治にとって永続的な脅威でした。『不慮の死』を手配するのは容易でしたが、彼女は彼を排除する処置を取りませんでした。実際、クーデターの危険に気付かないように見え、彼女は彼を兵士として訓練していました。

ハトシェプストは、トトメスが軍隊の信頼を獲得して権力を奪うことを恐れていなかったようです。おそらく、彼女はトトメスが自分を嫌うはずがないと考えていたのでしょう。実際、彼女の視点から見れば、彼女の行動は完全に納得できます。彼女は義理の息子を退位させず、単に昔ながらの共同摂政をつくり、おそらくは国家の緊急事態に対応していました。共同摂政もしくは共同統治は中王国時代の王室の特徴で、その時は年上の王が、国家儀式を分け合い交易方法を学んだ若いパートナーと提携していました。ハトシェプストが意図した後継者として、トトメスは王位を待つだけでした。彼女が20年以上も統治すると予見できた者はいなかったからです。


世界一裕福な男

トトメス3世のミイラは、盗掘者による損害に続いて包み直され、デル・エル・バハリに再埋葬されました。 (引用元)

国政における目立つ役割を拒否し、トトメスは幼年期と青年期を将来への準備に費やしました。彼は書記と司祭として教育を受けて文学と歴史に終生の愛を持つようになり、その後軍隊に入りました。ハトシェプストの死の時までに彼は最高司令官の地位に出世し、レバントでの短い征服作戦を楽しんでいました。

彼は不安定な時代に王位を得ました。かなり長い間大人しかった彼の東の配下は、エジプトの支配に挑戦を始めました。劇的なメギドの占領(聖書のハルマゲドン)を含む一連の栄光ある作戦は、エジプトは彼女に権力の地位を戻したと知りました。この時にはエジプトはヌビアにある第3瀑布の先からシリアにあるユーフラテス川岸まで広がる帝国を支配していました。略奪品、貢物、税、そして友人になりたがった者からの贈り物など帝国の報酬は、トトメスを世界一裕福な男にしました。

苦労して得た富を使って、トトメスはハトシェプストを改築しようとしました。もう一度、ナイルの谷にハンマーとノミの音が響きました。しかし破壊と並んで建設がありました。王室の石工は女性ファラオの全ての痕跡を取り除く任務を負っていました。トトメスが一人で即位した33年後に亡くなった時、彼はハトシェプストの異端統治がすぐに忘れられるだろうと確信していました。

義理の息子の復讐?
誰かがハトシェプストの死後に彼女のモニュメントを攻撃したことは否めません。考古学は芸術破壊の大部分がトトメスの単独統治期間に起きたと示しています。なぜ彼はこれをしたのでしょうか? まずこれは新しい王の継母に対する即座の復讐だと想像できます。確かに彼は永久の死で彼女を呪いました。ハトシェプストが彼の土地を支配したという重要な怒りに煮えくりかえる若いトトメスのイメージは、何年間もアマチュア心理学者を惹きつけていました。しかし、それは既知の事実と完全に一致しません。

トトメスは自身が冷静で慎重な将軍で、勇敢な男は軽率で理不尽な行動はしないと証明するつもりでした。彼はハトシェプストの記録への攻撃とともに単独統治を始めませんでした。実際、彼は彼女の伝統的葬儀を許可し、彼の計画に冒涜が好都合になるまで待ちました。いくつかの破壊は彼の死後、ハトシェプストを覚えている人の大部分も亡くなった時にトトメスの息子によって行われました。直接的ではなく間接的な攻撃でした。

さらに、攻撃は徹底的なものではありませんでした。ハトシェプストの十分な遺物は彼女の統治を詳細に再現できるようにしました。攻撃を始める最も明らかな場所である彼女の墓には、まだ彼女の名前があります。ハトシェプストはおそらくエジプトの公式記録から消去されましたが、その後の『大罪人』アクエンアテンのように憎まれることはありませんでした。

評決
このもつれた物語から何を結論付けられるでしょうか? おそらく私たちは仮定を再考する必要があります。ハトシェプストはトトメスを恐れていませんでした。そのため、彼を殺す代わりに後継者として昇格させました。トトメスはおそらく彼女を憎んではいませんでした。偉大になるように彼を訓練している間、彼女は彼の土地を守っていたため、おそらく初めは彼女に感謝していました。しかし、彼が年を取り人生を振り返ると、彼の視点は変わりました。エジプトの最も成功した将軍が、伝統に拘る人が、ハトシェプストのような強い女性の共同摂政と連携することを望むでしょうか?

彼の共同統治者の全く明らかな参照を取り除くことで、トトメスは彼女の統治を自身に取り込むことができました。そして彼は、トトメス2世の唯一の後継者として、エジプトで最も偉大なファラオになりました。政治的正しさを振り返ると、ハトシェプストは個人攻撃でなく、客観的な企ての不幸な犠牲者となりました。

トトメスは石工に歴史を書き換えるよう指示しました。彼らの仕事は、ハトシェプストを覚えておらず、彼女の記録を尊敬する理由のない後継者である王アメンホテプ2世の治世に入っても続いたでしょう。一方、王家の谷に隠されたハトシェプストは、まだ棺に収められたままでした。トトメス1世は、彼らの連結墓から出され再埋葬されましたが、彼女は一人残されていました。トトメスは彼女の身体が残されている限り、ハトシェプストは永遠の命を保証されていると知っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • スポンサーリンク