• スポンサーリンク

ウクライナの古代塚は世界最大の太陽観測所かもしれない

ある人は最も偉大な考古学的発見の時代は終わったと考えています。多くの墓は発掘調査され、古代の建築複合体が発見されてきました。デジタル技術が発展した我々の時代では、古代文明の多くの謎が明らかにされてきました。ただし現代技術は、歴史科学が塵を集めるため棚に置いていた本の新たなページを開くのを助けてもくれます。新たな研究方法は古代世界の文明への違った見方を持たせてくれます。

2012年、私の興味は独特な形をした興味深い場所にある塚の集団に引き付けられました。それらはウクライナのChernigiv地域、イーチニャの町に近いBezvodovkaと呼ばれる台地に位置しています。通常の円錐形ではなく、この古墳は直径が最大で200mの円形に配置されています。航空写真で暗い点を見ることができますが、これはおそらく時間の経過や塚の耕作によって破壊されたのでしょう。シューベルト(Schubert)の1861年の地形図はこの複合体に他の塚が存在することが確認できます。

シューベルトの1861年の地形図。現在見ることのできるより多くの塚があることを示す。

ここで疑問が生じます。これらの古墳は埋葬塚なのか? もしそうなら、なぜこの地域の他の墓とは似ていないのか? そしてなぜこれらは土壁で囲まれているのか? 防御のため? もしそうなら、なぜ戦争の標準とは一致しない広い範囲に散らばっているのか?

もしあなたが円の中心に立って各塚の方位角(観測者から見た天体の方向で、角距離で表される)を測った場合、それが夏至と冬至における日の出と日の入りの方位角と一致することがわかります。また、春分秋分の方位角とも一致します。シューベルトの地図では、この塚の集団の半径数km内に他の多くの盛土を確認できます。これらは中心円の塚の方位角を再現しています。結論は明快です。これは古代の太陽観測所で、近くと遠くにある目標物という天文学的研究のためのシステムです。

6月22日、夏至におけるBezvodovkaの日の入り。
Credit: Oleksandr Klykavka

機能の原理は次の通りです。塚の円の中心に観察者がいて、日の出と日の入り、月の出と月の入り、地平線上のその他天体の目印を付けます。天文学的に重要なイベントである至点や春秋分点の日の出と日の入りの時に、遠くのランドマークと近くの参照点、そして観測者の目が一直線に並びます。ストーンヘンジやヨーロッパに多くあるその他古代天文台の直列の基礎も同じ機能原理です。Bezvodovkaの地平線天文台はその規模において異なっています。

30以上の異なる形状の人工丘が約20平方kmの地域に位置していました。そしてこの丘は無作為に散らばっているわけではありません。これらは数学的な比率で整理され、Bezvodovkaの神聖幾何学を作ります。中心円の直径は185mで、古代ギリシャの測定単位である長さ1スタディオンに相当します。最も近い西側ランドマークから最も遠い西側ランドマークまでの距離は740mで、4スタディオンに相当します。中心から北と南のランドマークまでの距離は9スタディオン、1665mで、中心から最も遠い西側ランドマークまでの距離832mの2倍の長さです。中心から北東と北西、そして南側の遠い2つのランドマークまでの距離は正確に16スタディオンです。中心から南東と南西の遠いランドマークまでの距離は18スタディオンです。これは中央と北のランドマークの距離の2倍です。

ウクライナ、Bezvodovka台地の塚。
Credit: Oleksandr Klykavka.

春分が近い日に、太陽は地平線を横切って急速に動くため、この動きをマークするのはかなり簡単です。しかし至点の日に近づくと、毎日の日の出は角度数分だけ差を持って進み、その後地平線を逆方向に進み始める前に数日間完全に止まります。これはなぜ至点を示すランドマークが春秋分点のランドマークの4倍あるかを説明します。3km以上の距離は角度数分の必須制度を与えます。

古代天文学者は、太陽カレンダーとしてや関係する宗教儀式を保持するためだけでなく、空の惑星や星々の動きを研究するためであるとともに、メトン周期として知られる月の周期を計算する道具としてこの天文台を使うことができました。天体の動きの長期的な観察、そして天体力学の法則に関する知識は、月食や日食の日付や地球の軸に起因する歳差運動と呼ばれる地平線の春秋分点の移動の日付決定を可能にします。

Bezvodovka台地上に数々の塚を見ることができる。
Credit: Oleksandr Klykavka

Bezvodovkaの地平線天文台は、自然と調和して太陽周期に沿って生活していた古代の太陽崇拝文明によって建てられました。また彼らが持つ宇宙とその法則についてのビジョンは、Bezvodovkaの建築に具体化されています。現在、元々の建設者は誰なのか、これがどれほどの過去まで私たちを導くのかという謎が残されています。

トップ画:The mounds of Bezvodovka plateau, Ukraine. Credit: Oleksandr Klykavka

原文:Ancient Origins

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • スポンサーリンク