• スポンサーリンク

古代における秋分の意味

秋分はグレート・イヤー(歳差年)にあるものを教えてくれる時計の針です。空にある太陽がどのくらい高いか低いか注目することでその日の時間を教えることができるように、黄道帯の12の古代星座に関係する秋分の太陽の位置に注目することで24000年の歳差運動周期における時を教えてくれます。

歳差運動は、太陽が12星座それぞれを年間約50秒角の速度でゆっくりと後退しているように観測されました。ほとんどの人々は春分における太陽の位置には精通しています。4000年前は牡羊座で、およそ2000年前に魚座に入り、もうすぐ水瓶座に入ります。これが人気のある一節『水瓶座の時代の夜明け』の意味です。これは歳差運動なのです。

しかし実際には、グレート・イヤーの時間は秋分を使って語られ計られています。その理由は、古代の黄道帯の輪(グレート・イヤーの盤面)の多くは牡羊座を12時の位置に置いており、高貴な時代の印としてこの範囲の星々と関連します。例えば、プレアデス星団はこのポイント(牡牛座と牡羊座の間)ととても近いです。この神秘的な星座には、『ハルシオン・デイズ(平和な良き時代の意味)』などの由来である良い時代の前兆を表す星アルキオネがあります。そしてエジプトを訪れた人なら、多くの神殿で牡羊座に与えられた大きな尊敬を見ることができます。同様にギリシャ人は、羊の黄金の毛皮を探した勇敢な人々であるイアソンとアルゴ探検隊について語った時にその影響を記しています。この考えはギリシャ黄金時代(ゴールデン・エイジ)に数多く使われました。

Walter Cruttenden氏の子供向け本『The Great Year Adventure』のイラスト。

また私たちはヨブ記に天空のこのポイントへの言及を見つけます。そこではヨブが『汝はプレアデス星団の甘美な影響を縛ったり、オリオンのベルトを緩めることができようか?』と言います。もちろんこれは修辞疑問であり、ギリシャ黄金時代への言及です。その答えは、『いいえ、私たちはオリオンのベルトにある星をバラバラにできないように、この高貴な星座(つまり私たち自身をプレアデス星団の甘美な影響と黄金時代とを繋げる星座)において秋の太陽と共に留まることはできません。それは物理的に不可能です。』地球が太陽を周回したり一定の季節の変化のように、時代のサイクルは進行しなければなりません。これら天のサイクルは無敵です!

太陽が12の星座を時計回りにハッキリと動くシステムにおいて意味をなすため、秋分は真の時針でなければなりません。太陽が時計の底に到達して見える(6時の位置、暗黒時代のドン底)約1500年前は、天秤座を通って乙女座に進みました。太陽が頂上から下に沈んで12000年後にこのポイントに至ると、偉大な古代文明のほとんどは失われたり破壊されたりしました。しかし西暦498年に下るのを止め、この時以来カリ・ユガの低い地点からゆっくりと上昇しています。西暦1698年頃にドヴァーパラ・ユガ(ブロンズ・エイジの上昇)になります。それ以来より良い時代の光がもたらされていて、ルネサンスがその最初の現れでした。そして今は獅子座に近づいていくそのペースを速めているように見え、やがてはより高貴な時代に、最終的に別の黄金時代に引き返します。

良い秋分をお過ごしください。

原文:Ancient Origins

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • スポンサーリンク