• スポンサーリンク

古の神々:暗闇が支配する時代

暗闇は光輝の反対であり、可視光がないことで特徴付けられます。人間の暗闇に対する感情的な反応は、文化的に異なる多くの隠喩的使用法を生み出しています。

例えば、キリスト教では創造の最初の物語は暗闇から始まります。暗闇は世界より前から存在していると言われて、その後に光が引き合わされます。最終的に、暗闇からの光の分離が続きます。出エジプト記10章21節で、暗闇は『最後の疫病の二番目』として登場し、マタイによる福音書8章12節では、暗闇は『泣いたり歯ぎしりをする』場所です。

クルアーン(消息章78:25)では、正しいことの境界を越えた人は『絶望と氷のような暗闇を燃やす』運命になる、とあります。これら暗闇についての認識は、主にそれを悪と結びつけます。しかし、これは必ずしもそうではありませんでした。過去において、暗闇は時間の始まり以来存在していたものとして見なされ、暗闇や夜に関連する多くの神々がいました。

 

ギリシャ神話
最も良い例はおそらくギリシャ神話のエレボスです。彼の名前は『深い暗闇』または『影』を意味するギリシャ語の『Erebos』から来ています。エレボスは暗闇の擬人化または化身として見られる原初神です。彼はカオス神から生まれた最初の5つの存在の1つです。

姉妹であるニュクスと共に、エレボスはヒュプノス(眠り)やタナトス(死)のような他の神々を生み出しました。アイテールへーメラーヘスペリデスモイライゲーラスカローンは同じ結合から生まれた他の子供たちです。ニュクスが夜の女神だったという事実をここに記すのは興味深いことです。彼女はとても美しく強力で、全ての神々の長であるゼウスでさえも彼女を恐れていたと言われています。ヘシオドスは『神統記』にてこう書いています:

『カオスからエレボスと黒い夜が現れた。夜から生まれたのはアイテールと昼で、彼女はエレボスとの愛の結合から彼らを妊娠して産んだ』

10世紀のパリ詩篇にて預言者イザヤの側に表されたニュクス。 (Public Domain)

ギリシャ神話には暗闇や夜と関連する他の神々もいます。アステリアーは夜の予言と星々の女神で、アクリュスは永遠の夜、悲惨、悲哀の原初女神です。

ペルガモン祭壇のアステリアーとポイべー。 (CC BY-SA 3.0)

ヒンドゥーにおける暗闇の神々
ヒンドゥーの伝統において、ラートリーは夜の女神で、ラーフは暗闇と日蝕の天の神です。ラーフは太陽を飲み込む悪魔Svarbhānuと関連付けられており、これにより日蝕が起こります。芸術では、彼は8頭の黒い馬に引かれた戦車に乗った体のない蛇のように見えます。

ラーフ:悪魔蛇の長。コナーラクの神像。大英博物館。 (Public Domain)

ヴェーダ占星術におけるラーフの影響であるラーフ・カーラは不吉なものと見なされます。ヒンドゥー神話には、全天空神の支配者であるヴァルナもいます。

マカラに乗ったヴァルナ神、1675年~1700年に描かれた。インド、ラージャスターン州、ブーンディー、LACMA博物館所蔵。 (Public Domain)

北欧神話
北欧神話では、ノートは夜を擬人化した女神です。彼女はトールの祖母でナルヴィの娘です。ノートは馬フリームファクシと関連しており、推定では3度の結婚をしています。彼女の3番目の結婚は神デリングとのもので、一緒に昼の神格化である息子ダグをもうけました。同じく北欧神話で、トリックスターの神ロキは夜の神だと考えられています。

19世紀にペーテル・ニコライ・アルボによって描かれた絵。馬に乗ったノート。 (Public Domain)

ローマの闇の神
ローマ神話では、ノックスが原初の夜の女神でした。彼女はギリシャ神話のニュクスに相当します。スコトゥスは原初の暗闇の神でギリシャの神エレボスと関連します。スムマーヌスは夜の電光の神です。

ニュクス、原初の夜の女神。 (Public Domain)

アステカの夜の主人
アステカ神話は夜と暗闇に関係する神々が多くいます。夜の主人(Lords of the Night)は9柱の神々の集団です。彼らはそれぞれ特定の種類の夜を支配していたと言われています。メツトリは夜、月、そして農民の神でした。Yohaulticetlは夜の淑女(Lady of the Night)として知られる月の女神でした。

の主人。Codex Borgiaの14ページ。 (Public Domain)

テスカトリポカは夜空、夜風、黒曜石、支配権、予言、ジャガー、妖術、戦争、対立、そしてまた美の神でした。

codex Riosにジャガーとして描かれたテスカトリポカ。この形では彼はテペヨロトルと呼ばれた。 (Public Domain)

エジプトの伝説
エジプト神話において、ネフティスは夜、死、そして誕生の女神でした。ケクは原初の暗闇を擬人化した未創造の神でした。アペプはエジプトにおける悪と暗闇の蛇神でした。

ネフティス。ルーヴル美術館所蔵。 (CC BY-SA 2.0 fr)

他の暗闇の神々
Artumeはエトルリアの夜の女神で、Shalimはカナンの夕暮れの神でした。アラビア神話では、Al-Qaumはナバテアの夜と戦争の神でしたが、キャラバンの守護者とも考えられました。

アーリマン(アンラ・マンユ)はイランの暗闇、夜、そして悪の神です。リトアニアではBrekstaが黄昏と夢の女神で、日没から日の出まで人間を守ります。Zoryaは2柱の守護女神で、スラブ神話の朝と夕の明星と関連しています。マオリ族の神話においては、冥界の支配者Hine-nui-te-pōもまた夜と死の女神です。

このように、必ずではありませんが、暗闇はしばしば悪と関連付けられました。神話において、『闇』の神々は単に世界が現れる前に存在した、原初の暗闇の擬人化したものがほとんどでした。

原文:Ancient Origins

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • スポンサーリンク