• スポンサーリンク

アブラカダブラ:悪に対する呪文の力

現代文化は科学技術に支配されており、そのほとんどは人間の行動や自然の力を説明するものです。しかし常にこうだった訳ではありません。『スペル(呪文)』や『マジック(魔法)』といった言葉は、現在と過去で同じ効果はありません。今ではこれらの言葉は笑いと嘲りをもって迎えられ、人を惑わす奇術師のトリックやしばしば詐欺師のペテンに関連付けられています。過去において魔術師やシャーマンという役割は、彼らが見えない力をコントロールしたり神の意思を解釈したりすると考えられて以来、多くの文化で高く尊敬されていました。その上、彼らは王や家族の力を守り、帝国の安定を与えることができました。

分析を始める前に、秘伝的知識を扱う議論を準備するために採用したアプローチの種類を明確にする必要があります。これは真剣な人類学的研究であり、錬金術などの魔術や占い、複雑な天文学は歴史的にエンターテインメントや純粋な娯楽のためではないのです。それは全ての人が利用できる知識ではなく、実践者の世代を通じて受け継がれた秘伝的な規律の一部でした。

さて、史上最も一般的な呪文は何でしょうか? もちろん、アブラカダブラ(Abracadabra)です!

 

「アブラカダブラ」の起源
これはおそらく最も一般的な魔法の言葉ですが、実は明確な意味はありません。これは民間伝統がその由来とする秘伝的な価値のための、刺激的な魔法の言葉として使われました。

過去において、この言葉は熱や感染症の場合に使うと効果のある呪文だと考えられていました。アブラカダブラという言葉に言及する最も古い文献は、西暦3世紀にローマ皇帝カラカラの侍医だったクィントゥス・サンモニクス・セレヌスによって書かれたLiber Medicinalis (De Medicina Praecepta Saluberrimaとしても知られる)です。サンモニクスが逆三角形にこの言葉を書いたアミュレットを常に身に付けるよう皇帝に指示したことがわかります。


アブラカダブラについて知られている最初の言及は西暦3世紀の本Liber Medicinalis。この言葉は逆さまに書かれて体につけられた時に回復力を持つと考えられた。 Wikimedia Commons

患者がアミュレットを身につけると、病気が低減することを感じると信じられていました。古代メソポタミア医学でさえ病気の悪魔を払う儀式があり、儀式と天文学的な慣行は先史時代にまで遡ります。

クィントゥス・セレヌス・サンモニクスによって書かれたDe Medicina Praecepta Saluberrima。1662年。 Credit: Deutsche Digitale Bibliothek

邪悪な力を未然に防ぐため魔術の実践を選択したのはカラカラだけではありません。ゲタセウェルス・アレクサンデルという皇帝たちも同様にセレヌス・サンモニクスの助言に従い、同じ目的のためにこの呪文を使っていました。

 

名前の謎
実際には1つ以上の説明がありますが主要な理論は少ないため、何人かの研究者は『アブラカダブラ』という言葉の語源を理解することが可能だと考えています。

一つ目は『私が言うとおりになる』または『魔術師の言葉は現実となる』を意味するアラム語の表現『Avrah KeDabra』を考慮に入れています。他の研究はこの言葉が、この場合病気について『物事を破壊せよ』を意味するアラビア語『Abra Kadabra』に由来していると報告しています。アラム語の文は呪いではなく、病気の治癒という意味で使われたと研究者は考えます。

二つ目には、アブラカダブラがヘブライ語で『アブ』(ab、父)、『ベン』(ben、子)、『ルアッチ・ハカドシュ』(ruach hacadosch、聖霊)を示すことができるという理論があります。

最後の理論は、この言葉がタリスマンとして使われた石や宝石に見られる用語であるアブラクサスに由来するとしています。アブラカダブラは人間と太陽神の間に起こる仲介を表現していたのかもしれません。

アブラクサスが彫られた宝石原石の表と裏。 Public Domain

 

アブラカダブラと太陽の力
この言葉は365の球の王子である『崇高な統治者』を意味する『メガス・アルコン』と関連していたと考えられます。西暦2世紀から3世紀に誕生した哲学的・宗教的運動を代表するグノーシス主義の派閥であるアレキサンドリアのバシレイデースのカルトにおける宇宙論では、この言葉を構成する7つの文字がそれぞれ7つの惑星、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星を表しています。

アブラカダブラと太陽の治癒力の間にある関連の重要性は、悪の力を追放するために厄除け目的で言葉が書かれたいくつかのアミュレットや宝石に表されています。考古学者はアブラカダブラという言葉が書かれた三角形のアミュレットを多く見つけました。この言葉はおまじないで、三角の上から下にある最後の『A』まで歌われていました。唱えている間に病気は減退し、最終的に消えると信じられていました。

15世紀のタロットに描かれた『マジシャン』のカード。 Public Domain

この言葉はグノーシス文書『the Holy Book of Invisible Spirit』にも見られ、魔術について語るいくつかのギリシャ語パピルスにも現れています。

要約すると、『アブラカダブラ』は信じるものにとって強力な治癒力を持ち、その力は民間伝統に残っています。実際、1665年から1666年にかけてロンドンを破壊した疫病などより最近でも、アブラカダブラという言葉が彫られたアミュレットの例が見られます。現代英国文学の父と考えられているダニエル・デフォーは『The History of the Plague in London』の中で、自暴自棄になった人々の中には『アブラカダブラ』と書かれたサインをドアに貼り付け始めた人もいた、と書いています。

『死を連れ出せ』1665年ロンドンのペスト大流行の際の通り。死者のカートと哀悼者が写っている。 Wellcome Images

絶望が理性を圧倒し迷信が知性を覆い隠すと、人間はしばしば道に迷います。知識の明るい光を無知で曇らせないことは極めて重要です。

原文:Ancient Origins

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • スポンサーリンク